森川武人のブログ

中小ビジネス、個人ビジネス、起業、ソリューション

多すぎて選べない/ジャム理論

f:id:take-to7179:20180420211847j:plain

ジャム理論というのは、選択肢が多すぎると、人は選択そのものをやめてしまうというもの。

コロンビア大学のアイエンガー教授の研究で明らかになった、選択における人間の特性です。

<以下引用>

ジャムの法則」はアイエンガー教授が、ドレーガーズという高級スーパーマーケットを舞台に、1995年に行った実験で、「豊富な選択肢は売り上げをあげる」というお店の方針を実証しようとするものでした。ところが、結果は逆、24種類のジャムを売り場に並べたときと、6種類のジャムを売り場に並べたときでは、前者は、後者の売り上げの10分の1しかなかったのです。 この結果が実証的に確かめられると、金融商品のバリエーションから、洗剤などの消費財、はては、コンサル会社のコンサルの方法まで、選択肢を絞ることで、顧客満足をあげるというふうに変わっていったのでした。

<引用おわり>

これは、マーケティングだけでなく、マネジメントにも使える理論です。

私のような中小企業経営者だと、マルチタスクであることが、当たり前になってしまいます。
しかし、毎日仕事に追われている、つまり、タスクの選択肢が果てしなく多いとき、実はやる気を失い、クオリティの低い仕事をしがちなんです。

それどころか、商売そのものに疑問がわいたりします。

これを避けるために、私が考えたのは、得意とすることと、好きな仕事に集中するというものです。

選択肢を絞ることで、セルフマネジメントにも効果があることがわかりました。

もちろん、マーケティングでも大いに活用できますよね?

チラシ集客などをしている場合なら、自分の商圏に何種類の同業者のチラシが入っているか、そして、そのチラシを並べてみて、全部が同じように見えないかを確かめてみます。

もし、同じような訴求ポイントで、同じような雰囲気のチラシを、多数の業者が使っていたら、お客様は、私たちの会社を選ぶことが困難です。

お客様が選びやすくなる工夫をしてみましょう。